家庭用バスケットゴールを購入する際はリングとリムの構造もチェックしましょう。

バスケットゴールのリングの大きさ

バスケットゴールのリング径はおよそ45cmと規定されています。これはバスケットボール(5号/22cm)が2個入る大きさです。バスケットボール7号(一般男子公式球)が24.5cmですから随分余裕があるように見えますが、実際にプレイしてみると、そんなに大きくは感じませんよね。

このゴール・リングのサイズはシュート練習の時、非常重要です。シュートの感触を捉えるときこのリングの大きさが間違っていると意味がありません。正しいシュート練習を行う意味でも、このリングが正確な形状、サイズであるかを確認しましょう。

リムの形状と強度が最も重要

バスケットボールは重く衝撃も大きいですから、強度も重要です。さらにボードとの接続部分に関しては強度だけでなく力の伝え方も重要です。

まず写真のように4点でボードに止めるのは最低限で必要です。さらにリングの下から伸びるアームは非常に重要。このアームがリムが曲がるのを防止しています。

slam_it_rim

どんなにボードにしっかり固定されていても、リム部分から折れたり、曲がったりしたら意味がありません。強度と構造が基準を満たしていないと、歪んでしまうのです。

ring
強い衝撃には耐えるだけでなく、力を逃す必要もあります。

家庭用バスケットゴールを買うときはリングの形状や、材質、性能についてもチェックしたほうが良いでしょう。なぜなら、簡易設置といえど、簡単に取り寄せ・交換できない部品の一つがリングだからです。