バスケットボールで禁止されている行為の一つであるファウルについて説明します。

ファウルとは?

ファウルには、プレーヤー同士の接触による”パーソナル・ファウル”と審判やベンチにいるコーチやプレイヤー等による違反行為を”テクニカル・ファウル”があります。

パーソナル・ファウルの内容と罰則について

「押す」「蹴る」「おさえる」等の行為で、相手プレイヤーの動きを妨害すること。
これに対する罰則は2つあります。

シュート動作中の相手プレイヤーに対するパーソナル・ファウルは、相手プレイヤーにフリースローが与えられます。
ファウルを受けながらもシュートを放ち、ゴールが決まった場合は得点を加算し、かつ1本のフリースローが与えられます。
シュートが外れた場合は2本フリースローが与えられます。
3ポイントエリアからのシュートであれば、ゴールが決まれば3点と1本のフリースロー、外れれば3本のフリースローとなります。

シュート動作以外の場合、ファウルが起きた場所から最も近いサイドかエンドライン外からのスローインとなります。

プッシング

手や肩、お腹等の体を使って相手プレイヤーを押す行為を指します。

ホールディング

腕等をつかんで相手プレイヤーの動きを妨害したり、後ろから相手を抱きかかえるような行為を指します。

チャージング

体を当てたり、手で押したりするプレーの事を指します。
進行方向に相手プレイヤーがいるのも関わらず、そのまま突き進んで相手を押したり、ぶつかったりするとチャージングになります。

ブロッキング

体を使って相手プレイヤーの進行を邪魔する事を指します。
チャージングとは反対的な要素をもったプレーとなります。

イリーガル・スクリーン

スクリーンをかけた後に動く、正しくないスクリーンをした場合に課せられるファウルを指します。
正しくないスクリーンとは、スクリーンをした後に両足を床につけて静止しないで、足を動かしたり、体を使って相手プレイヤーの動きを妨害する事を言います。

イリーガル・ユース・オブ・ハンズ

手で相手プレイヤーを掴んだり、はたいたりして動きを妨害する事を指します。