バスケットボールの用語を解説します。

バスケットボールの用語解説【ア行】

アイソレーション
得点能力の高いプレーヤーにボールをもたせて他のプレーヤーがそのプレーヤーから離れ、そのプレーヤーに1対1で攻めて得点を決めさせるオフェンス方法のことを言います。
アウト・オブ・バウンズ
ボールがエンドorサイドのライン上、もしくはコート外の床に落ちることや、コートの外にいるプレーヤーがボールに触れた場合、ボールがバックボードの裏や支柱に当たった場合などを言います。
アウトナンバー
攻めている側のプレーヤーが守っている側のプレーヤーより多い場合を言います。
アシスタントスコアラー
テーブルオフィシャルズの一員で、スコアボードを操作し、ファウルがあった時にチームとプレーヤーのファウル数の表示を行います。
アシスト
パスが直接得点に結びつくことを言います。ただし、パスを受けたプレーヤーがドリブルで相手を抜いてからシュートをした場合はアシストとは言いません。
アーリー・オフェンス
速攻のことです。相手チームの守りが整わないうちに素早く攻めます。
アンスポーツマンライク・ファウル
明らかにわざと犯したファウルなど、スポーツマンらしからぬ行為をさすファウルです。わざと相手プレーヤーを押しのけたり押さえつけたり、蹴ったり殴ったりすれば、このファウルの対象になります。

イリーガル・ドリブル
ダブルドリブルやオーバー・ドリブルなどに課されるバイオレーションのことです。
イリーガル・スクリーン
スクリーンをかけた後に動くなど、正しくないスクリーンを行った場合に課されるパーソナル・ファウルのことです。
イリーガル・ユース・オブ・ハンズ
手を使って相手プレーヤーを掴んだり、はたいたりして相手プレーヤーの動きを妨げる行為のことです。
インターセプト
相手チームのドリブルやパスを奪って(カットして)、自チームのボールにすることです。
インターフェア
シュートされたボールがリングの上にある時に、リング/ネット/バックボードに触れた場合に課せられるバイオレーションのことです。ネットの下から手を突っ込んでボールに触れた場合なども含まれます。

ウィークサイド
2つの意味があります。1つは、ボールを持ったプレーヤーに対するディヘンスの、エンドライン側のサイド。もう1つは、2つのバスケットを中心としてコートを半分に分けた場合、ボールのないほうのサイドを言います。いずれもディフェンスが守りにくくなるサイドとなります。この逆のサイドはストロングサイドと言います。
ウイング
フォワード、45度のポジションです。フリースローラインを延長していって、3ポイントラインと重なるあたりを言います。

エアボール
シュートがリングにかすりもせずに外れることを言います。プレー中のエアボールもけっこう恥ずかしいですが、フリースローでのエアボールは相当に恥ずかしいものになってしまいます。(笑)
NBA(エヌビーエー)
アメリカのプロバスケットボールリーグで、世界最高峰のリーグです。正式名称は『National Basketball Asocietion』です。
エルボー
フリースローラインの端をこう言います。
エンドライン
コートの内外を示すラインの短辺(ゴールに近い方のライン)を言います。

オフィシャルズテーブル
試合の進行を管理する人達(テーブルオフィシャルズ)が座るテーブルで、コートサイドの中央に設置されます。
オーバー・タイム
時間制限に関するバイオレーションのことです。3秒ルール/5秒ルール/8秒ルール/24秒ルールがあります。
オフェンス・ファウル
攻めている側のプレーヤーが犯すファウルのことを言います。
オフェンス・リバウンド
オフェンス側のプレーヤーがリバウンドを奪うことです。基本的にリバウンドはディフェンス側が有利なのですが、これを奪えるとさらにオフェンスの機会が生まれ、得点チャンスを増やすことができます。
オルタネイティング・ポゼション・アロー
オルタネイティング・ポゼション・ルールにより、次にスローインが与えられるチームを示す器具のことを言います。
オルタネイティング・ポゼション・ルール
ボールの所有チームが分からなくなった場合(ジャンプボール・シチュエーション)、スローインでゲームを再開することを言います。スローインをするのは、第1ピリオド開始のジャンプボールでボールを保持出来なかったチームで、以後はジャンプボール・シチュエーションになる度に両チームが交互にスローインを行います。

バスケットボールの用語解説 索引