移動式のバスケットゴールは体育館や公共施設の屋内で使用される競技用のものから、家庭用まで幅広くあります。

競技用のバスケットゴールは、超大型で価格も数十万円する代物がほとんどで一般家庭のレベルでは購入はできないと思います。
家庭用の移動式バスケットゴールは、ベースタンクにローラーがついており、ベースタンクの重量を抜くことで(砂や水で安定させている)移動は簡単にできます。

バスケットゴールは強度確保の観点から組み立て後、解体・分解ができません。
正確には分解して組み立てることはできるが強度が格段に落ちるので、メーカーからすすめられていません。
つまり、バスケットゴール一体をまんま移動させることができる構造になっています。

移動には数人で運ぶ

簡単に移動できるとはいっても重量が数十キロはあるゴールなので、数人で運ぶことをメーカーが注意事項としてあげています。

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%83%bb%e7%a7%bb%e5%8b%95%e4%be%8b
参考画像:Basketgoal.com バスケットゴールの庭・校庭等への設置例

参考画像はライフタイム社製LT-1558の大型バスケットゴールです。
先生がサポートにつきながら子供数人で運んでいます。梱包重量は51キロと表記がありました。
砂や水などの重りを使用しているかは分かりませんが、結構な重さなので数人で運ぶ必要がありそうです。


参考:バスケットゴールの移動動画

ボードが強化プラスチック素材だと移動が簡単

強化プラスチックは軽量という特徴があります。そのためゴールを支えるベースタンクもコンパクトに抑えることができます。
その結果、全体的な重量が軽くなり、ゴールの移動も他のゴールに比べて簡単となります。

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%83%bb%e7%a7%bb%e5%8b%95%e4%be%8b-01
参考画像:Basketgoal.com LT-90268 移動が簡単なローラー付き

イベントにもおすすめ

軽量で移動のしやすいバスケットゴールは、お祭りやイベントのシュート大会等で利用しやすく人気があります。
金魚すくいやヨーヨー釣りのように、お祭りに並ぶ催し物としてあればバスケットボールをもっと身近に感じれていいですよね。
Bリーグ開催とともにバスケ人気もあがってくれると嬉しいです!